刺激されて

バイオリンが販売されているところといえば/マルコ楽志堂

この前、和太鼓の演奏を見てきました。
といっても、イベントに行ったら、突然和太鼓の演奏が始まっただけです。最初は、あまり見ている人もいなかったのですが、演奏が進んでいくうちに、どんどん観衆が増えていきました。和太鼓の音は響きますから、少し離れた場所にいても聞こえてきたのでしょうね。

普通、楽器と言えば、音を聴くものだと思います。ですが、和太鼓の場合、音が響いてくる感じの楽器だというのが特徴です。太鼓の音は、耳からも聞こえてきますが、例え耳をふさいだとしてもきっと演奏が聞こえてくるでしょう。聞こえるのではなく、響いてくるので、体で感じる音楽というのが和太鼓という楽器の魅力だと思います。

さて、その演奏があまりにもかっこよかったので、自分でもなんとか和太鼓の演奏ができないものだろうかと考えていました。しかし、特別なサークルにでも入らなければ、和太鼓を学ぶのは難しいだろうと、どこか諦めている気持ちもありました。

ところが、たまたま音楽教室のことを調べていたら、「習える楽器の一覧」のところに、なんと「和太鼓」の文字がありました。
特別なつながりでもないと、太鼓は学べないと思っていましたから、普通の音楽教室で教えてくれるのを知れただけでもラッキーです。

レッスン料は、音楽教室によってまちまちですが、だいたい1レッスン5000円というところが多かったです。月2回のレッスンで10000円前後といったところでしょうか。
バチは自分で買うことが多く、レッスン内容は初心者でも全く問題ないとのことでした。音楽教室で太鼓の演奏をする写真も掲載されていたのですが、小さなお子さんから、60代くらいのお年寄りまで、みなさん楽しそうに演奏をされているようでした。